高断熱住宅で快適な冬を過ごすためのアドバイス

高断熱住宅で快適な冬を過ごすためのアドバイス

高断熱住宅であっても、間取りなどによっては寒い部分が出てきてしまいます。特に通気性の良い吹き抜け、リビング階段などは二階との温度差がある、トイレやお風呂など水回りなどは暖房をつけている部屋との温度差があるという場合には断熱性のある住宅であっても寒い家になってしまいます。 高断熱住宅で快適な冬を過ごすためには、冷気を下に降りてこないようにするということが重要です。冷気の入ってきやすい部分として挙げられるのが、窓になります。日本の窓は金属製のサッシを使っていることが多く、部屋の暖かい空気が逃げやすくなっています。そのような状態を避けるためには、二重窓にするなどの工夫が必要です。 吹き抜けも暖かい空気が上に行きやすく、寒くなる構造です。空気を循環させるためにも吹き抜けを作った場合には、必ず天井にシーリングファンを取り付けます。シーリングファンを活用することで暖かさが下に降りてくるため、快適な室温を作ることができます。

高断熱住宅を施工するにあたっての注意点とは

高断熱住宅は年間を通じて快適な生活を住人がすごせるように空調設備や断熱材などを使用しており、特に寒冷地ではそのメリットが意識されているようです。しかし高断熱住宅にも意識をするべき注意点が存在しています。ここでは高断熱住宅のデメリットな点を確認しておきます。 断熱性や機密性を高めるには専用の資材と、工具が必要になります。その点が一般的な住宅よりも建設費用が高くなる原因と言えます。実際の費用はハウスメーカーや工務店で異なるので、事前に確認しておくことは必須です。 屋内でも洗濯物が乾燥しやすい反面、空気が乾燥勝ちになります。乾燥肌やドライアイなどの傾向がある方は、加湿器などを上手に活用して対策をとるのが賢明です。 断熱性や機密性は、壁面などに隙間がない高品質な仕上りを前提にしてこそ発揮されます。施工がずさんだとわずかな壁面のすき間から室外との温度差が生まれて、冬場に結露発生などに悩まされることもあるのも注意してください。